コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【ニュース】日銀、資金供給拡大へ 10兆円増視野 円安誘導図る

日銀、資金供給拡大へ 10兆円増視野 円安誘導図る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000506-san-bus_all

昨日の記事に載せましたが、今の仕組みでお金を流しても景気はよくなりません。(貧乏人までお金が届かない)

株や債権にお金が回って、日経平均があがりました、とか日本国債が全部売れました、とかになるだけ。

狙ってやってるとしか思えない。。。

ハイパーインフレを。(=借金棒引き)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ ひきこもりサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

完全失業者が仕事につけない理由――総務省調査

完全失業者が仕事につけない理由――総務省調査
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1008/18/news035.html

大蔵省から財務省(アメリカの財務省と同じ名前)になり、わざと不景気になるように法律を改正して、アメリカへ貢ぐスピードを上げたからだよ。

派遣法改正→大企業のリストラをやりやすくする→
大企業は労働者を調整弁として利用→労働者の賃金低下→
(一方、大企業は過去最高利益を叩きだす→不労収入を得る投資家へ配当金支払い→過去最高利益を叩きだす→もっと高額の配当金支払い→)ループです。貧乏人へお金が回らない仕組みの一つ。

これが働けない理由だな。年齢制限がネックってのは、中年男性がリストラされて、それにひっかかるって話かな、と予測。

さらに雇用を埋めない状況が作られます。

で、2000年に入ってからやたら株式投資や投資信託なんかの宣伝が流れるようになったよね。そして、大型店舗もばんばんたつようになったし、コンビニや飲み屋のチェーン店がどんどん駅前にたつようになった。

その一方で何が起きたか。

経済を活発にするには、お金が循環するのが良い。という話をよくいいますが、ただ使えばいいというもんではない。

自分が使ったお金が、また自分の所に帰ってくる状態がよい市場の状態。

昔:八百屋⇔文房具屋⇔魚屋(⇔八百屋)
今:大型店⇔文房具屋⇔魚屋(⇔大型店)

昔の商店街市場にあったお店同士のやり取りでは、八百屋が文房具を買うために100円を文房具屋に支払い、その100円が魚屋にわたり、また魚屋から八百屋に100円がわたる。税金でもってかれる以外はまるまるわたる。

でも、今の市場では、魚屋から大型店に支払われた100円は、10円を都心部にある本社に回収され、別の土地での投資に使われる。すると今の市場からは、どんどんお金が流出する。そして、そのお金はどこにいくか。儲かる所、つまり都会だ。

結局、お金が循環しない仕組みになっている。また、株式にお金が使われるようになったのも循環しないお金をたくさん生みだしてしまっている証拠。

さて、循環しないお金は、どこに行ってしまったのでしょう?それは・・・米国ですな。

ロスチャイルド・・・豚は太らせて食え。
ロックフェラー・・・植民地に金はいらねえだろ。

一応、ロスチャは太らせてくれます。それが、1980年代のバブル前までの状況。バブルはロスチャが刈り取りのために、仕掛けたものでしょう。

で、その刈り取りの時期に、お金集めの力を俺に寄こせと日銀と大蔵省(ロスチャの領地)へ侵略をしたのが現在の財務省(D・ロックフェラー)です。日銀はその侵略から逃がれるために日銀法改正で独立性を高めた。

金融ビッグバンによって不良債権処理を加速→銀行の合併に次ぐ合併→潰せない状態。

それまでは、潰そうと思ったら潰せる状態にしておいたわけです。なぜなら、お金の使い道を決めさせることができるから。

お金の使い道・・・循環性の高いお金になるような市場へ投資するように「窓口指導」市中銀行へ貸し出していた。
(円の支配者:ヴェルナー)

で、それに使わないんだったらお金刷って渡さないぞ、と脅す。
そのために、預金準備率を引き上げてた。
お金がわざとコール市場に足りないようにするために。

コール市場ってのは、銀行にある紙幣と引き出しにくる客が要望する金額に差がある場合に別の銀行から紙幣を借りるための市場。

http://www.boj.or.jp/oshiete/seisaku/02201005.htm

そうすりゃ、日銀の言うこと聞くようになる。

まぁそんな感じです。最近まで、たけふじさんとかアコムさんとか、賭博にいくのが大半でしょっていう、循環しないお金になるように紙幣が市場に流れていくのがわかります。少し流れが変わったのは、ロスチャが息を吹き返してきてるのかな、とみてます。

要は、お金の循環性を理解して、循環するようにしないと政治家がいくら経済政策をうっても無駄、ということだと思います。貧乏人にお金が流れない仕組みのままだと株や債権なんかに流れるのがオチ。

続きを読む

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

水で動く車

思い起こせば、2年前、水で動く車なんてのが某企業から発売されていたけど、全く売れなかった。
でも、今ではきちんと水で動く車が発売決定の決定、ど真ん中。

↓の技術が開花したわけです。
http://www.youtube.com/watch?v=J2zOMhxjpmM

これで、もうガス欠で道端で立ち往生なんてことがなくなります。今ではガソスタよりコンビニの数が多いですもんね。コンビニもガソスタもないような田舎では水が豊富にある。

「うわ、ガス欠になっちまったよー。」

なんて言葉が、

「おお、のど乾いたか、じゃあ水を飲ませてやろう。」とか、「この車は、ボル○ィッ○よりも日本の六甲の水の方が燃費がいいんだよなぁ。なんて贅沢なんだ。(微笑)」とかなんとか、に変わるでしょう。

むひひ。これが大型化できれば、石油なんか使わなくてすむし、原子力発電なんて危ないものは永久廃棄できまっせ。

これからはもっともっと明るい未来になるぞーい。ひゃっほー。



このページのトップへ
コンテントヘッダー

どんな人間であっても認めてくれる人たち

僕がどんなにキチガイなことを話しても、認めてくれる人たちがいるから、僕はとても幸せ。
離れていった人もたくさんいるけれど、日常の暮らしが大切なんだと話をしてくれる人たちがいてくれたおかげで、人の冷たさと同時に本当のぬくもりを感じることができて僕は幸せです。
ありがとう、感謝します、ツイテル!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

アブナイ人を見る目

「すすんでダマされる人たち ネットに潜むカウンターナレッジの危険な罠」を読んだ知り合いがブログに書評を載せているのを見ました。
その知り合いは完全に陰謀論否定派なのでした。
だから、こないだ露素茶胃流奴の名前の入った本を見せた時に、アブナイ人がいる!という目で見ていたのか(汗)

この本にどんな事が書いてあるのか、読んでみようと思ったので注文してみました。

おそらく来週中には届くでしょう。

また読んだら、ここに感想を書いてみます。
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。